Concept

獣医療と食の進歩によって、 現在は15歳を超える高齢猫がたくさんいます。

一方で、飼い主さんに先立たれてしまった猫もたくさんいます。

病気や高齢猫のケアが出来ずセンターに持ち込まれる子たちも・・・。

ずっと可愛がられて人間を信じて来たのに。

命のひとつひとつに背景や軌跡があります。

譲渡対象の条件を満たさない子。

neco-matterを立ち上げたきっかけは、

そんな子たちの「最後の家族」になりたいと思ったから。

きちんとケアをし、安心して暮らすことができる環境で見守りたい。

「幸せだったな」って思って貰える「看取り」をしたい。

「命」を大切にすることは「最期」も大事に向き合えることと同じ。

とかく「死」は忌み嫌われがちですが、

一生懸命生きてきた証であり、それを尊重した「最期」だからこそ大切にしたい。

ただただ、安らかに虹の橋を渡って欲しいから。

🐈

そんな新しい特別な 「ずっとのおうち」を作ることがミッションです。

猫に関わる様々な活動に協力できる存在でありたい。

理想は、気づかないうちに「猫のため」になっていること。

ボランティア活動を「趣味」と同等のステータスにすること。


選択肢はたくさんあります。 誰にでも得意なことがあります。

あなたにしか出来ないことがあります。

あなたの気持ちと、ほんの少しの時間を動物たちの為に使ってみて下さい。

ひとりの「チョット」は、みんなで大きな「チカラ」に出来ます。

そんな思いで私も一歩踏み出しました。

どうか、あなたの「チカラ」を貸してくださいませんか?

  活動について不安はたくさんあって当然なのです。
何を隠そう私もそうでした。

もしも、少しでも興味を持たれているのであれば
心のどこかに「なにかしたい」想いがあるから。
その芽生えた気持ちがとっても大事なんです。

是非、お気軽にお問い合わせください★